住宅ローンの返済に窮したら

長期の住宅ローンを組んで、家を建てたのですが、不況が続き、給与も下がってしまい、このまま払い続けられるか不安になっています。
年金もどうなるかわからないようなご時世で、定年も近づき、もしも、という場合を考えて調べてみました。
もしも、住宅ローンが滞ってしまったら、「督促状」、「電話」、ついには「不動産差し押さえ」となり、不動産が競売にかけられてしまうことになります。
競売となると、拒む権利はなく、市場価格よりも安くなるのが一般的だそうです。
そうなるまでに、できることが「任意売却」なのです。
金融機関と合意の基、抵当権の解除を行い、融資対象の不動産を処分するための手続きのことを言います。
これだと、通常の売却と同じ流通になるため、市場価格に近い価格で売ることができ、競売よりは確実に高く売却できます。
また、プライバシーも保たれ、近隣には一般的な引越しのように、不動産を整理することが可能です。
「任意売却」ということを知っただけでも、少し不安がぬぐわれたような気持ちです。

手続き

住宅ローンの支払いが困難になると、債権者が差し押さえの強制執行として管轄する裁判所に競売の申し立てを行い、債権回収の手続きに入ることはよく知られています。
でも、競売の場合は、市場価格よりかなり安く落札されてしまうので、せっかく家を手放してもまだ債務が多く残るということが多く、債務者に家を失ったのにまだ借金が多く残るという困った事態になってしまいます。
同じ家を手放すのであれば、できるだけ良い条件で売りたいものですが、そこで注目されているのが任意売却という手続きです。
任意売却は市場価格に近い価格で売却できるので、それだけ多くの債務を減らすことができますし、交渉次第で引越しの資金を出してもらえる、競売のように強制退去をさせられない、そして近所にも知られずに手続きができるなど競売に比べかなりメリットの多い方法と言えます。
住宅ローンの支払いが困難と感じたら、競売にかけられる前に任意売却についても調べておきたいものです。

コメントは受け付けていません。