住宅ローンで行き詰る前に

一生で一番大きな買い物と言えば、やっぱり住宅でしょうね。
30年とか35年とか、長いローンを組んで、その資金を返していく人がほとんどだと思います。
でも、不況が続く現代社会、突然会社を解雇されたり、給料が大幅にカットされる事態も大いにあり得ます。
そうなると、当然、住宅ローンの負担が大きくなり、生活に困窮する場合もあると思います。
そうなると、マイホームを手放すことを検討する人が増えると思います。
ただ、ここで問題になるのが住宅ローンです。
詳しくは省きますが、住宅ローンをすべて返さないと、基本的にその家を売ることはできないんです。
ここで、売りたくても売れない、という事態が発生するわけです。
そうして、住宅ローンの返済が滞ると、いずれ競売に掛けられてしまい、格安の価格で売却されることになります。
そういった事態を避けるための制度が任意売却です。
これは、事前に住宅ローンの抵当権者(貸主)の合意を得て、抵当権を外してもらい、売却するものです。
通常の売却よりはやはり売却価格は下がりますが、競売よりは高く売れるので、行き詰って如何ともしがたい事態になる前に、こういった手段を取るべきかと思われます。


不動産を手放せます

不況のあおりを受け、まさかと思うような大企業でさえ、倒産の危機に直面しているような世の中なので、これまで安定した給料やボーナスを貰っていたような方でも、いつそれがなくなってしまうかわかりません。
そうなると住宅購入の際に長期ローンを組んでいた場合は、途中から支払えなくなってしまうため、不動産を手放さざるを得なくなってきます。
不動産を売る際には抵当権を解除しなくてはなりませんが、そのためには、融資されたお金をすべて返済せねばなりません。
しかし住宅ローンの残高よりも高く売れないときには全額の返済が出来ないため、金融機関などの合意を得てから不動産を売却し、返済しきれなかった分を残したままで抵当権を解除してもらうというやり方で売却することが出来ます。
これを任意売却と言いますが、自力で手続きするのは難しいので専門家の手を借りる必要があります。
ネットで調べると、お近くで相談に乗ってくれるところが必ず見つかるはずなので、返済にお困りの方は、まずは相談から始めてみてくださいね。