競売よりメリットが多い

住宅を手に入れるというのはやはり特別な思いがあり、マイホームを手に入れたときはとても嬉しいものです。
でも住宅はとても高価なもので、そして多くの場合は長期にわたる住宅ローンを組んで購入することになります。
それゆえローンが完済するまでは決して安心することはできません。
そして収入が激減するなど何らかの理由で、ローンが支払えなくなってしまうということも決して珍しいことではありません。
そうなるとその住宅は差し押さえられ、競売にかけられることが多いですが、競売の場合はまわりにその事実を知られてしまうので、精神的にもダメージですし、そしてかなり安い価格で落札されてしまいます。
そこで最近は競売より任意売却を選ぶ人が増えています。
通常の不動産取引のように手続きが行えるので、まわりにも気づかれにくいですし、そして市場価格に近い価格で買取されるので、それだけ多くの債務を返済することもできます。
競売にかけられている場合でも任意売却に変更出来る場合もあるので早めに専門家に相談するのがおすすめです。
任意売却を検討している人にはこのサイトがいいと思います。
全国の相談窓口を探すことができます。お悩みの方はご利用下さい。

どういうもの?

購入したマイホームなどで住宅ローンが払えなくなる等して、債権者が不動産についている抵当権を実行して競売にかけ、換金して住宅ローンの支払いにあてることがあります。
競売は何らかの法的な問題がある物件が売りに出されることが基本なので、市場で売却するよりも低い金額でしか売れないことが多いのが通常です。
低い金額でしか売れず、その代金では滞納しているローンや遅延利息等が払えない場合、債務者はマイホームを失ったうえに、さらに支払う義務を負い続けることになってしまいます。
そこで、債権者に同意を得たうえで、競売にかけずに、不動産市場で買い手を見つけて売却することが可能です。
これを任意売却と言います。
もちろんマイホームを失うのは同じですが、より高い金額で売れれば滞納金やマンションの管理費の滞納分などの支払にも充てることができ、生活の再建に一歩近づくことができるでしょう。
最も債権者の同意を得たり、弁済に伴う抵当権の抹消、滞納していたローン・管理費・固定資産税の支払、マイホームを引き払って引越しするなど、様々な手続きが一気にやってくるので、素人1人でできるものではありません。
単なる不動産売買ではなく、任意売却の経験があり、総合的なコンサルティングやサポート体制の整った不動産会社に依頼するのが賢明と言えます。

コメントは受け付けていません。